ページをめくるおと Side A

本と活字の不安定で儚いうたかたの日々を書き記して、ゆくのです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
ぱんた
ぱんたといいます。たいそう粗忽ものですが本好きです。
本屋に勤める無法者。読むのも売るのも買うのも好き。

とってもいい人のはずなのですが、周りには邪悪な策士に見えるらしい。たいそう不満。
本屋は本をぜんぜん知らないとしたり顔で言うくそったれ評論家を抹殺してゆきたい。いや、する。

図書館が大好きです。図書館員頑張れ。応援しています。

出版社と組んでの仕掛け販売大好きです。
でも「カリスマ書店員」って言葉には正直首を傾げます。あくまでも主役はお客さま。店員がでしゃばるのは分不相応だと思っています。

今の「本屋大賞」は認めません。あれは「売れる本」であって「売りたい本」ではありません。埋もれた本を本屋がよってたかって掘り起こして売りまくるのが本来の姿だと思っています。

本と音楽と珈琲とタバコがあればあとは何とかなっています。

将来の夢は世界征服。達成したら真っ先に再販制度を廃止します。
理由はおいおい書いてゆきます。

うちの本屋では流通、非流通何でも扱っています。
それなりに大きな本屋だと思います。あくまでもそれなりに。
本を出したい人、出した人ともよく話します。
自費出版はあくまでも個人の満足のためだけにしましょうね。
一山当てるなんて夢のまた夢です。
これについてもおいおい書いてゆきます。